« Logicool 製品 UVC対応状況(その2)〜QCAM-130VもUVC対応〜 | トップページ | QCAM-130V Mac版SkypeもOKだそうです! »

Macでmylo用の動画ファイル作成(その1)

【Macでmylo用の動画ファイルを作りたい】

『mylo で my life online』の方の記事に書いたのですが、myloの動画作成、転送がMacで出来ないかただ今格闘中です。
私は、『携帯動画変換君』を使ってWindowsパソコンでAVIやMP4ファイルを、myloで再生できる動画ファイルに変換して、そして、USB接続したmyloのMP_ROOTフォルダー内にマニュアルでドラッグアンドドロップして、ファイルをリネームしています。この作業をMacでも出来ないかなぁ〜と、思うわけです。じゃないと、Macユーザーがmyloを手に入れても宝の持ち腐れになっちゃいますものね…。

さて、myloのスペック表なんかをwebで見たことがある方は、「myloはMPEG-4フォーマットの動画を再生できるんだからそんなに難しいことないんじゃないの?」と思う方もいるのではないかと思います。

で、myloを手に入れるまでは私もそう思っていたのですが…。さすがSONYさんですよね、『対応フォーマット MPEG-4』と書かれた後に『(メモリースティックビデオフォーマット準拠)』と書かれています。そうなんですよね、PSPでもそうでしたが、MPEG-4ならなんでもOKではないんです。

素直にやるなら、SONY製の動画変換ソフトウェア「 Image Converter」を購入してWindowsでやるのが王道だとは思うのですが、MPEG-4に変換するためにソフトを買うのも悔しいしなぁ〜、というわけで、私は、『携帯動画変換君』でPSP向け設定でファイルを書き出しています。

【Mac用のPSP動画作成ソフトを試してみました】 

それで、ネットで軽く検索してみるとMacでPSP対応の動画を書き出すソフトがいつくもあります。PSPで再生できる=myloで再生できる…ではないと思いますが、可能性は大ですよね。

その中からまずは、無料で使える次の4つを試してみました。
1)Instant-HandBreak
2)HandBrake
3)altShiiva
4)携帯動画変換ちゃん

1)Instant-HandBreak
まずは、Instant-HandBreakは、リッピングソフトHandBrakeを、簡単にiPodやPSP対応の動画ファイルを作成できるようにした物です。こちらからダウンロードできます。
File format は「iPod 5G(MPEG-4)」「iPod 5G(H.264)」「PSP(MPEG-4)」の中から選ぶだけのとてもシンプルなインターフェースです。
Instanthb_1
さっそく、DVDからリッピングしてPSP(MPEG-4)で書き出してみました。結果はPicuter format をFullscreenで書き出すと、PSPのフルスクリーンサイズで書き出すようで、myloでは「Unsupported Data」 になっしまいます。そこで、使用した画像データが縦横比4:3(480i)なので、Original にして書き出したところ、myloで再生することが出来ました。ただし、myloで表示されるタイトル名は「(No Name)」となってしましいます。

それでは、ワイド画像のデータを利用して、Originalにして書き出したところ、書き出された画像は 368 x 208 となってしまい、myloでは「Unsupported Data」 になっしまいました。

現在ベータ版ですので今後に期待しましょう。(iPodとかPSPを持っている方にはとても簡単で良いんじゃないかなぁ。)


2)HandBrake

上記のInstant-HandBreakの元版(=多機能)なリッピングソフトです。こちらからダウンロードできます。
4
PSP対応(myloで再生できるやつ)な動画ファイルを書き出そうと、PSP用動画についてのページを参考に、ビットレートやら画像サイズやらいじってみたですが、私にはmyloで再生できる動画を書き出すことは出来ませんでした(;^_^A


3)altShiiva

へちまさんが、OpenShiiva 0.8.9 をPSP動画書き出しように改造して公開してくださっている物です。ダウンロードはこちらから。
5
altShiiva-hetima.com に書かれている使い方の通りに設定して、HandBreakでリッピングしたMPEG-4ファイルをPSP用に変換してみました。結果は、チャプター画像のサムネイルと、タイトルがmyloでばっちり表示されています。おっ!いい感じと思いながら再生をしたところ…。『このファイルは再生ですません。壊れています。』のインフォメーションが(;^_^A

色々やってみましたが、「Scale」を、320x240ではなく、160x112にして書き出しをしたところmyloで再生が出来ました。でも、QVGAのさらにQuarterサイズではねぇ…。

結構細かく設定が出来るので、設定の仕方でちゃっと再生できるQVGAサイズの画像が取り出せるのかもしれせん。引き続きちょこちょこやってみます。


4)携帯動画変換ちゃん

Windows用ソフト『携帯動画変換君』の設定データの資源を有効利用できるようにと実験的にMicono Utilitiesさんが作成しているものが『携帯動画変換ちゃん』です。ダウンロードはこちらから

合計で3つのファイルをダウンロードするので一見インストールが面倒な感じを受けますが、ダウンロードおよびインストールの手順通りに進めれば、ばっちりOKです。

Henkancyan1

『機種』はもちろん『機種別設定:MP4ファイル、PSP向け設定』を選びます。

Henkancyan2

そうすると、『出力』の一覧には、PSP対応の出力形式がリストされますので、myloで見るのに最適な形式を選択する事が出来ます。

Henkancyan3

mylo用としては、リストの上からの7つまでの中から選んだら良いのではないかなぁと思います。

設定をすませたら、HandBreakでリッピングしたMPEG-4ファイルをPSP用の動画に変換! 結果はばっちり! 出来上がったファイルは、サムネイルもタイトルも表示されてmyloで再生することが出来ました。

インストールがちょっと面倒な感じがしてしまいますが、設定&操作の簡単さ、THMファイル(サムネイル)の書き出しもしてくれて、表示するタイトルも編集できる、などから一押しですね。ただ、難点が…。タイトル名の濁点、半濁点が□になってしまいます。これが、なければもう完璧ですね。

と言うわけで、4種類のフリーソフトを試してみましたが、DVDからは、「Instant-HandBreak」 でリッピングして、その動画ファイルを「携帯動画変換ちゃん」でmyloで再生できるファイルに変換するのが一番簡単!かなと。


さて、ここまでテストに使ったもと画像データは、地アナをキャプチャーした縦横比4:3(480i)の画像なんですよね。これだと、携帯動画変換ちゃん(携帯動画変換君)で、ばっちりmylo用の動画ファイルを書き出すことが出来ました。

ところが、縦横比16:9(720p)の画像データから変換するとどうかというと…。myloで再生すると画面が縦に伸びてしまいます。

この対応方法は次回に!

Macでmylo用の動画ファイル作成(その2)
  【 縦横比16:9の画像を、携帯動画変換ちゃん(携帯動画変換君)で変換した時にmyloで縦長にならないようにするには 】

Macでmylo用の動画ファイル作成(その3)
  【動画用のフォルダー名&動画ファイル名の付け方】

Macでmylo用の動画ファイル作成(その4)
  【PSP Movie Utillity で mylo に動画転送!】

|

« Logicool 製品 UVC対応状況(その2)〜QCAM-130VもUVC対応〜 | トップページ | QCAM-130V Mac版SkypeもOKだそうです! »

○Mac」カテゴリの記事

○mylo」カテゴリの記事

★macでmylo用動画作成」カテゴリの記事

コメント

PSPWareとかだめ?

投稿: naru | 2007年12月19日 (水) 15時05分

naru さん、コメントありがとうざいます。
そうですね、PSPWare は、iTuneとも同期がとれて便利そうですよね。ただ、最初の動機が、「Image Converterを買うのはなんか悔しいなぁ〜。ただでやれないかな?」から始まっていたので、PSPWare はシェアウェア($15)なので、候補から外れておりました…(;^_^A アセアセ…
free trial もあるようなので、時間を見て試してみたいと思います。その時は、また記事をアップしますね。

投稿: mable-papa | 2007年12月20日 (木) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Macでmylo用の動画ファイル作成(その1):

« Logicool 製品 UVC対応状況(その2)〜QCAM-130VもUVC対応〜 | トップページ | QCAM-130V Mac版SkypeもOKだそうです! »