« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

Logicool 製品 UVC対応状況(その3)〜Qcam Pro 9000もUVC対応〜

先日トラックバックを下さった、かくさんのブログ「虹色の林檎はどんな味?」に、嬉しい情報が書かれていました。

2007年8月10日よりロジクールから発売される
Qcam Pro 9000(QCAM-200S)
もUVC対応だそうです。

かくさんがロジクールに問い合わせてUVC対応を確認してくださっています。例のごとく、Macでの使用はメーカーサポート外だそうですが…、まぁ、今までもそうだったし…(;^_^A アセアセ…。

で、このWebカメラがおどろきの高性能! True 200万画素センサーに加え、
『カール ツァイス社の光学レンズで高精細な動画・静止画のイメージと、オートフォーカス機能によりピントの合った映像のズームアップが可能です。』
とのこと。もちろん、Windowsでの売り文句な訳ですが、これが、Macで動いてくれたら嬉しいですね! さてさて、実際の所は、発売後ですね。どなたかの情報よろくお願いしま〜す!

【追記】2007/08/24
てぃりりさんより、コメントでQcam Pro 9000 が
『iChatは分かりませんが、Skype、PhotoBooth、他、iSightを使ういくつかのアプリ(Delicious Libraryなど)で、正常な動作を確認しました。Macで使えたという情報をいただきました』
との情報をいただきました。
詳しくは、『エレコム UCAM-DLQ30Hシリーズ & ロジクール Qcam Pro 9000 Mac版SkypeでビデオチャットOKだそうです!』をどうぞ!

【追記2】2007/11/4
horoさん、nabさんより、Qcam Pro 9000(QCAM-200S)のオートフォーカス機能はソフトで行っているため、Macではオートフォーカス機能は非対応ですので注意が必要との情報をいただきました。詳しくは、『ロジクール Qcam Pro 9000(QCAM-200S)追加情報!』をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シグマA・P・O Mac対応!『UVC対応 130万画素 webカメラ』

またまた、UVC対応webカメラが発売されます!

●シグマA・P・O 『CAMCAM倶楽部 UVCA130AUシリーズ』

Macにも正式対応!『UVC対応 130万画素 webカメラ』です。
ただ、

『※弊社ではUSBカメラ本体のみサポートしております。SkypeやYahoo! メッセンジャーやWindows Live メッセンジャーなどのビデオチャットソフトおよび添付ソフトウェアのサポートは一切行っておりません。』

と、言うのが若干引っかかりますが(;^_^A アセアセ…
ともあれ、Mac OS Xでの動作をメーカーが正式にサポートしてくれるのはありがたいことです(#^.^#)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エレコム UCAM-DLM130Hシリーズ/UCAM-DLQ30Hシリーズ UVCで、iChat OK!

エレコムから、先日発売された UVC(USB Video Class)に準拠したwebカメラ2機種
 ●UCAM-DLM130Hシリーズ…130万画素
 ●UCAM-DLQ30Hシリーズ…30万画素
ですが、iChatでの使用OKのようですね(#^.^#)
情報源元はこちら↓
秋葉原館ストアブログ『iChatで使える、USBビデオクラス対応WEBカメラが入荷!!

さて、Skypeでの使用はどうなのか興味がありますね。
お値段の方は、amazonで下のような感じです。


【追記】 2007/08/26
※このブログにいつもコメントを下さっている  MacでSkype さんのブログに『最近のUVC(USB VIDEO CLASS)に対応したSkype Macでも使えるWebカメラを紹介します』ということで、エレコムのUCAM-DLM130Hシリーズを、実際に購入して使用されている記事がアップされています

※きんさんから、コメントUCAM-DLQ30HシリーズがMac版SkypeでビデオチャットOKという情報をいただきました。詳しくはこちらの記事をどうぞ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

mylo 2台で39,800円! キャンペーン開始

【“mylo”Our Lives Online】キャンペーン が、Sony Style で今日から始まりました。
なんと、限定500セット、通常 1台 39,800円の mylo が、2台セット 39,800円というなんとも太っ腹なキャンペーンです(#^.^#)

この機会に、お友達や、家族、etc、二人で2台Get! してはいかがでしょうか?
(割り勘すれば、1台19,900円です!)アレコレできる mylo (この姉妹ブログの mylo で my life online にも色々 mylo の事を書いてますので、良かったらどうぞ!)がこの値段は絶対お得です。

注:私は決してSonyの回し者ではありません<(_ _)>

パーソナルコミュニケーター“mylo”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macでmylo用の動画ファイル作成(その4)

【携帯動画変換ちゃんでmylo用の動画ファイルに変換!のおさらいです】

Macでmylo用の動画ファイル作成(その1その2)でも書きましたが、色々試してみて『携帯動画変換ちゃん』が、Macでmylo用の動画ファイルを作成するのには、一番!みたいですね(#^.^#)

今さら私が使い方を紹介するまでもないと思うのですが、

携帯動画変換ちゃんを起動したら、機種にmylo用に修正した「MP4ファイル. PSP向け設定」を選んで、お好みのクオリティーの出力を選択します。(ちなみに、私は前回『Transcoding_PSP.ini』を編集した時に、Titleも「MP4ファイル. mylo向け設定」というふうに書き換えちゃいました。そうすると、下の画像のようになります)
そして、変換するファイルを「携帯動画変換ちゃん」にドラックアンドドロップします。
070601
で、私は、[スタートボタン]の右隣の「自動」のチェックを私は外してあります。こうしておくと、タイトルの編集とかもしやすいです。

タイトルの所をクリックするとタイトルの編集が出来ます。デフォルトは変換ファイル名がそのままタイトルになります。このタイトルがmyloのVideoを開いた時の画面で表示されます。(変換ファイル名の所をダブルクリックすると、別ウィンドウが開いてさらに細かく編集が出来ます。)
070602

準備が出来たら、[スタート]をカチッとワンクリック! 後は変換が終わるのを待つだけです。
この時、おおよその変換時間が表示されますが、終了予定時間が表示されるって言うのが良いですね!
070603

さて、あとは、出来上がったMP4ファイルとTHMファイルを、「Macでmylo用の動画ファイル作成(その3)」に書いたように、お決まりにそってファイル名を変更して、myloのMP_ROOTフォルダーへコピーしてあげて、はい出来上がり〜!

と、ここで問題発生。文字コードの関係だと思うのですが、携帯動画変換ちゃんでつけたタイトルの濁点半濁点が□になってしまうんです。


上から2段まではWindows の携帯動画変換君で作成した物
一番下の段がMac の携帯動画変換ちゃんで作成した物です。
動画の中身には全然問題ないのですが何となく悲しい…。

そこで、登場するのが『PSP Movie Utillity』です!

【PSP Movie Utillity をmyloで試してみる!】

PSP Movie Utillity』はその名の通り、PSP に動画ファイルを転送したり、その動画のタイトルやサムネイルの編集をする事が出来るユーティリティーソフトです。
PSPで使えるなら、myloでも使えるかも! ということで早速インストール。
すごくシンプルインターフェイスで、とっても使いやすそう!
070701

携帯動画変換ちゃんで作成したMP4ファイルを入っているフォルダーを、『PSP Movie Utillity』にドラックアンドドロップしたところ、ばっちりです。って、このファイル自体が元々PSP用なわけですから当たり前か…。
とはいうものの、簡単にタイトルが変更出来たり、サムネイルもこれまた簡単にそのムービーの好きなカットをチャプター出来るのは、感動ものです。

これで、myloを認識してくれたらバッチリだ〜! とUSB接続してみましたが…。myloが認識されません。う〜ん、やっぱりPSPじゃないとだめなのか(;^_^A

でも、試しに『PSP Movie Utillity』で濁点半濁点のあるタイトルをつけてあげたファイルを手動でmyloにコピーしたところ、文字化けしないでバッチリ表示されました! これだけでも十分に利用価値があるかも!

070702
[contorol]+クリックで、コンテクストメニューから、「ファイル名をタイトルに設定」をクリック! (もちろん手動でタイトル名をクリックして編集でもOKです!) そして、あとは手作業でmyloにファイルをコピーしてあげると…

文字化けが解消して、バッチリです!

それではと、今度は本来接続されるべきPSPをUSBで繋いでみました。これならばっちりだろうと思いきや…。??? PSPも認識されな〜い!

何が悪いんだろう…、と早速検索してみましたら、作者の 浅利哲(さとる)さんが日記に、色々なことを丁寧にコメントに書いてくださっていました<(_ _)>

PSP Movie Utillity』は、マウントされているボリュームが次の条件全てを満たした時にPSPだと判断するそうです。

1.ファイルシステムがFATである
2.ボリュームのルート(一番上の階層)にMEMSTICK.INDというファイルがある
3.同じくMSTK_PRO.INDというファイルがある
4.同じくPSPというフォルダがある

とのこと。なるほど! 私のPSPには、MSTK_PRO.IND がありませんでした。エディターで空のファイル作ってこのファイ名をつければOKとのことでしたので、早速やってみましたら、バッチリ認識しました!


さて、ここから本題です!

myloでも同じ事が言えるのでは! と早速やってみました。
myloの内蔵メモリーに次の3つを作ります

1)ファイル MEMSTICK.IND …エディターで作成。中身は空です(;^_^A
2)ファイル MSTK_PRO.IND …同上。こちらも中身は空です。
3)フォルダ PSP      …このフォルダも、もちろん中身は空っぽです。

070703

結果、ばっちり、『PSP Movie Utillity』がmyloをPSPとして認識してくれました(#^.^#)
070704

それで、この『PSP Movie Utillity』がムチャクチャ快適なんです! 
使い方は、作者様のサイトに書かれているとおりで、とてもシンプルです。
転送するファイルが準備できたら、[転送]をカチッとクリックするだけ! 
すると、自動的に、ファイル名をつけ直して、 MP_ROOTフォルダーの中の、100MNV01フォルダーに、MP4ファイルと、THMファイルを転送してくれます。転送元のファイル名はなんでもOK!「ガンダムseed_30.MP4」なんて言うファイルも、ちゃっと「M4V*****.MP4」に直してくれます。
また、この時にファイル名は、100MNV01フォルダーの中にあるファイルの続きの番号を付けていってくれます。ですから、myloのVideoでタイトルを表示した時には、転送した順番に並んで表示されるんですよね。


【PSP Movie Utillity で mylo に ドンドン動画転送しよう!】

そこで、私はこんな使い方をしています。

今まで通り連続物のシリーズで管理したい物は、101MNV01、102MNV01、103…、フォルダーに手動でコピー。タイトル名が化けてしまう物は事前に『PSP Movie Utillity』でタイトルを付け直しておきます。リストのファイルを全部選択して、[ユーティリティ]→[ファイル名をタイトルに設定]で、一括で文字化け修正が出来ます(#^.^#)

地アナを録画した物は、『PSP Movie Utillity』で転送!
転送先フォルダ(100MNV01)に、転送元ファイルと同名のファイルが存在しても、違うファイル名で転送してくれますから、ファイル名に全く気を遣う必要がないのが、気軽でイイです(#^.^#)
ドンドン転送して、見終わったら、mylo の OPTIONメニューで削除!

あんまり簡単に転送できる物ですから、myloの内蔵メモリーだけでは足り無くなっちゃいました(;^_^A アセアセ…


※どうもfixtitle by Kyacoを導入すると、携帯動画変換ちゃんのタイトルの文字化けが解消できるみたいなのですが、私にはちと難しそう。興味のある方は、浅利さんのサイトの「PSPで動画再生 その2」「PSPで動画再生 その3」を見てみてください。


Macでmylo用の動画ファイル作成(その1)
  【Mac用のPSP動画作成ソフトを試してみました】

Macでmylo用の動画ファイル作成(その2)
  【 縦横比16:9の画像を、携帯動画変換ちゃん(携帯動画変換君)で変換した時にmyloで縦長にならないようにするには 】

Macでmylo用の動画ファイル作成(その3)
  【動画用のフォルダー名&動画ファイル名の付け方】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレコムから「UVC(USBビデオクラス)」に準拠したWebカメラ2機種発売!

エレコムから、UVC(USB Video Class)に準拠したwebカメラが2機種発売されます!

PC Watch を見ておりましたら、エレコム、Windows VistaやPS3で利用できるWebカメラ2製品 と言うエントリーが…! 「PS3で使用できるとということはこれはUVCでは?!」と、記事にジャンプしてみると! お〜、やっばり、UVCです! それも、Macユーザーにはすごく嬉しいリリース内容です。

ニュースリリースによれば

『…Windows Vista™およびWindows® XP Service Pack2(SP2)が標準で提供するドライバを使用することで、面倒なオリジナルドライバのインストール作業を不要にし、パソコンにつなぐだけの「一発 接続!」で作業が完了します。パソコンのUSBポートにWebカメラのUSBコネクタを差し込むだけで、OS標準のドライバが自動的にインストールされ、 お好みのメッセンジャーソフトなどを用意さえすれば、すぐにビデオチャットなどを楽しむことができます。またMac OS X環境でも、専用ドライバをインストールすることなくご利用いただけます。』

とのことです。メーカーさんが正式にMacでも使えるよ!と、製品リリースでアナウンスしてくれたのは、UVCなカメラは初めてじゃないかなぁ!(注:私が知らないだけという可能性も大ですが…)
UVCなら使えると分かっていても、メーカーの保証外と、メーカーがこうして正式に対応を謳ってくれのでは大違いですよね!
Macユーザーとしてとは非常に嬉しいです\(^o^)/

リリース[対応機種/動作条件]でも
 ●Macintosh
 ■CPU : PowerPC G3以上/Intel Mac 対応 ■OS : Mac OS X(10.4.9以降)

としっかりと明記されてます!

●UCAM-DLM130Hシリーズ…130万画素 ¥7,560(税込)
●UCAM-DLQ30Hシリーズ…30万画素 ¥5,040(税込)
だそうです。詳しくは、ニュースリリースをご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »