« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

●クリエイティブ『Live! Cam Optia AF』Macでオートフォーカス、Skype、iChat OKだそうです!

「クリエイティブ」 の UVC対応webカメラ に、【Live! Cam Optia AF(LC-OAF)】を実際に購入しての情報をコメントにいただきました。ありがとうございます!
色々と情報をいただきましたので、ちょっと整理しますね。

『本日Live! Cam Optia AFを購入しました。
  ichatとSkypeで認識しました。
  オートフォーカスも速度が遅いながらも動作しています。
  Photo Boothでも認識しました』

とのことです。
ひとつ注意点としては、当初、

『30フレームで動作できてません。』

とのことでしたが、

『日常使用するのは夜で、部屋には間接照明しかないため暗めなのですが、
  それを補正するために画像処理が入り、そのためフレームレートが落ちたみたいです。
  先ほど初めて日が入る時間帯に使用したら問題なく高いフレームレートで表示されました。』

との補足をいただいております。

速度が遅いと言うことですが、オートフォーカスがMacでも使用できるのは嬉しいです。
フレームレートも周囲の明るさに左右されるのですね。そういえば、ロジクールのQcam Communicate Deluxe(QCAM-130X)もUVC利用の場合は「十分に明るいところで使用されることを推奨」とのことでした。専用ドライバーを使用する場合は、ソフトウェア的に様々な補正が可能なのでしょうけれども、UVCでOSのドライバーに依存となると、なかなか難しいですね…。

ちなみに、 クリエィティブのwebサイトでこのカメラの製品仕様には、動画解像度に対して、下記のような注釈が付いてます。 

==========
※1:WDMミニドライバーを使用した場合であり、ドライバーの種類やビデオフォーマット、使用するアプリケーション等によってキャプチャー可能な解像度が異なる場合があります。
※2:USBの速度やコンピューターの処理性能、ビデオフォーマットによってフレームレートが変化する場合があります。
==========

「WDM」って「Windows Driver Model」のことですよね。ということは、Windows以外ではこのフレーム数は保証できませんということになりますか…。メーカーのサポートは Win Vista / XP(SP2) ですから、致し方ないのですが、せっかくのUVCですから、是非、Win以外にもメーカーで正式サポートしてくれると嬉しいのですが…。クリエイティブ社様、是非よろしくお願いいたします<(_ _)>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は期間限定で、mylo 2台で39,800円!キャンペーン

Gyoから『ソニーmyloを1000台500名様にプレゼント』というメールが来ました。
でもなんでGyoが? myloでGyoは見られないのよねぇ〜 などと思いつつ、久しぶりに、SonyStyleのmyloのページを見てみたら…。
なんと、"mylo" Our Lives Online  X'mas Campaign" が始まっているではないですか?!
今度は11月22日(木)〜12月21日(金)17:00までの期間限定! なかなか楽しいガジェットなのですが、なんかたたき売りみたいな感じを受けるのは否めませんね(;^_^A
でも、2台で39,800円でしたら、お買い得だと思います。前回のキャンペーンで買い逃した方は是非どうぞ!(購入はSony Style 限定です。)
お金を出して買うまでではないけど、ただなら欲しい方は、Gyoのプレゼントに挑戦ですね(#^.^#)

Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「プリストン」Macもサポート! UVCな130万画素webカメラと、USBオーディオアダプタ

プリストンから、UVC対応の 130万画素Webカメラ(i-Search)と、USBオーディオアダプタが発売になりました!

PWC130U
 UVC対応の130万画素マニュアルフォーカスWebカメラです。『Windows Vista、Mac OS X(10.4.9以降)、PS3にも対応しています。』ということで、Mac も正式対応です!
 このブログで以前、エントリー「純正ドライバーで、Skype for Mac でビデオチャット出来るwebカメラ」で紹介した今までのi-Search(PWC-130ISPWC-30IS)は、Mac用のドライバーが用意されていて、Macもサポートされていましたが、今回のモデルはUVCになりましね。
 上記のMac用ドライバー使用の旧モデルは『iSight、Photo Boothは非対応(Mac版Skypeでの使用はOK!)』だったのですが、UVCになって、iSightも正式サポートされました! でも、いつもの通りSkypeの文字が見あたらないんですよね…。

そして、Macユーザーには嬉しいUSBオーディオアダプタがこちら↓

PMS-SA
 これは、10月上旬に発売されたオートフォーカスなUVC対応WebカメラPWC-130UAFS に付属している、USBオーディオアダプタが単体発売されました! とてもコンパクトで、是非単体発売して欲しいなぁと思っていたので、これは嬉しいですね! 『Windows Vista、Mac OS X(10.4.8以降)、PS3にも対応しています。』とのことです。(でもなんで10.4.8以降なの?)


というわけでいつもの通り、お値段の参考にamazonのリンクです。って、amazonさん、PWC-130Uの画像が違いますよぉ〜  ← サポートに連絡したら修正してくれました。これだけ大量な商品を管理するんですから大変だろうな…)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シグマA・P・O」 Macも正式対応のUVCな130万画素オートフォーカスwebカメラ

シグマA・P・Oから、Mac OS X も正式対応のUVCなwebカメラが新たに1機種発売されました。

●シグマA・P・O
UVCA130AF
 130万画素オートフォーカス機能搭載のwebカメラです。嬉しいことにMac(OS X 10.4.10以降)や、PS3もメーカー正式サポートです\(^-^)/


Macでの動作をメーカーさんが正式にサポートしてくれるのは嬉しいですね。あとは、Skypeで使えるかどうかが気になるところです。

(ところで、夏に発売になった130万画素マニュアルフォーカスのUVCA130AUと、どうして、サポートするOS Xのバージョンが、違うんでしょうね?)

↓いつも通りに、購入時の参考にamazonのお値段です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「クリエイティブ」 の UVC対応webカメラ 

この一ヶ月色々と忙しくて、ブログの更新が出来ないでいるうちに、「クリエイティブ」 と「 シグマA・P・O」からも、UVC対応のwebカメラが発売されていました(;^_^A

と言うわけで、まずはクリエイティブのUVC対応のwebカメラ3機種。こちらは8月下旬の発売ですね。情報遅すぎ… スミマセン<(_ _)>

●クリエイティブ
Live! Cam Optia AF(LC-OAF)
 200万画素オートフォーカス機能付きのwebカメラです。『USBビデオクラスのウェブカメラが使用可能なプラットフォームで動作可能、ドライバをインストールせずにカメラの基本機能が使えます。』とのことですが、『Microsoft® Windows® XP(サービスパック2)/Windows Vistaでの動作をサポートしています。』という注釈付きですね(;^_^A
う〜ん、このオートフォーカス機能がMacでも使えると嬉しいのですが、さてどうでしょうか…。

追記(2008/05/11):Mac版Skypeでの動作報告をいただいております。オートフォーカスも使えるそうです(#^.^#) 詳しくは「●クリエイティブ『Live! Cam Optia AF』Macでオートフォーカス、Skype、iChat OKだそうです!」「●クリエイティブ『Live! Cam Optia AF』 追加情報」をどうぞ。

Live! Cam Optia Pro(LC-OPP)
 130万画素パンフォーカスのwebカメラです。Live! Cam Optia AF同様に『USBビデオクラスのウェブカメラが使用可能なプラットフォームで動作可能、ドライバをインストールせずにカメラの基本機能が使えます。』とのことです が、『Microsoft® Windows® XP(サービスパック2)/Windows Vistaでの動作をサポートしています。』という注釈付き!

Live! Cam Video IM Pro(LC-VIP-SE)
 30万画素マニュアルフォーカスのwebカメラです。こちらも『USBビデオクラスのウェブカメラが使用可能なプラットフォームで動作可能、ドライバをインストールせずにカメラの基本機能が使えます。』とのことです が、『Microsoft® Windows® XP(サービスパック2)/Windows Vistaでの動作をサポートしています。』という注釈付き!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ロジクール Qcam Pro 9000(QCAM-200S)追加情報!

公私ともに忙しくて、本当に久々の更新です<(_ _)>

さて、ロジクールの
Qcam Pro 9000(QCAM-200S)
の追加情報『オートフォーカス機能』について、hiroさんと、nabさんからコメントでいただきました。このカメラのオートフォーカスはソフトで実現しているため、UVCで接続したMacではオートフォーカス機能が動作しないため、フォーカスは遠方側に固定されるそうです。Qcam Pro 9000をUVCカメラとして購入を検討している方は注意してください!

 もうコメントの方でお読みになった方もいるかもしれませんが、改めて、転載させていただきます。

horo さんからのコメント
『Qcam Pro9000VをMacで使用していると書いてあるブログを発見。そのご本人はこちらのブログの記事を元にされたようでした。喜びつつもオートフォーカ ス機種だったので念のためロジクールに電話してみました。するとオートフォーカス機能はソフトにより実現しているそうです。私はMac & Win使いなので、Winでフォーカスを合わせてからMacで使用出来ないか尋ねましたが、USBの付け替えでフォーカスはリセットされるそうです。初期 状態のピントの合い方によるのですが、Qcam Pro9000をMacで使うのはリスキーなようです。』

以前このブログへ情報を寄せてくださった恥ずかしい息子さんからhiroへのお返事でも、ピントが実用レベルでは、ちょっと厳しいようですね。せっかくの200万画素がピンぼけでは…。

そこで、どの位置にフォーカスが固定されるのかが気になるところだったのですが、nabさんから次のようなコメントをいただきました。

nabさんのコメント
『Qcam Pro 9000ですが、iChat (ver.3.1.8)のプレビュー画面
で動作することを確認しました。(PowerBook G4-1.5GHz)
また、X-LiteというIPフォンソフトでも動作しました。
オートフォーカスが利かないのは既に報告されている事ですが、
リセット時に遠方側にフォーカスが固定されているせいか、
比較的明るい室内であればパンフォーカスっぽくなって
チャットソフトではあまり気になりません。(極端に寄ると
当然ピントが甘くなります)
早くメーカーにOSX対応して欲しいものです。』

せっかくのUVCな高画質カメラですから、nabさんがおっしゃるように、是非ロジクールさんにOS-X対応していただけると嬉しいですよね。ロジ クールも以前は、Mac用のドライバーを添付したwebカメラも出していたのに最近はMacは全くノーサポートですね…。(素人考えだと、ハードはUVC なわけですから、後はユーティリティーソフトだけな訳ですから、そんなに難しくないような気がするのですが…)

また、【Qcam Pro for Notebooks(QCAM-200V)】のUVCを問い合わせた時に、Qcam Pro 9000(QCAM-200S)共ども『ハードウェアーとしてはUVC対応機器ですが、UVC環境での動作保証は行っていません』と言うような内容の返事 をサポートからいただいたのですが、QCAM–200Vもオートフォーカス機ですから注意が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »