« New mylo(COM-2) 日本版 いよいよ発売! | トップページ | 新型mylo ソニースタイルにて先行予約販売開始! »

『Buzan's iMindMap』で、『新型mylo(COM-2)』のマインドマップを作ってみました。

いよいよ明日2008年2月22日は『Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション』の発売日!
そして、新型myloの先行予約発売が開始される日ですね。

というわけで、Buzan's iMindMap Mac版を使って、webサイト(SonyStyle / SonyDrive / SONY プレスリリース / PC Watch ソニー、インターネット端末“mylo”「COM-2」国内版 )を参考に、mylo弐号機(COM-2)のスペック&機能をマインドマップにしてみました。
Mylo
すみません、へたくそなマインドマップですね(;^_^A アセアセ…。今回のこのマインドマップは、手書きマップは書かずに、直接 iMindMap の『Speed Mapping Mode』で全部のブランチを作成して、それから、『Mind Mapping Mode』を使って仕上げ(レイアウト)をしました。

実は、『Speed Mapping Mode』で全て入力した状態から、レイアウトを整えるというのは初めての経験です。これだけの情報を整理するのに、この手法はすごく効率が良いと言うことを実感しました。『Mind Mapping Mode』でブランチに手を加えながら(例えばグニャグニャ変形させたり)作成したマップのブランチ移動は結構手間がかかったりするのですが、『Speed Mapping Mode』で作成した状態なら、比較的にブランチの移動も楽に行うことが出来ますね。大量の情報をOutPutする道具として大変すぐれたモードだと思いました。

(かなり大きくなって文字が小さくなってしまったので、PDFもアップしてみました。興味のある方はこちらからダウンロードをしてご覧下さい。)

さて、mylo弐号機についてまとめてみて感じたのは、mylo壱号機より数段のアップグレードが計られている感じですね。
mylo壱号機(COM–1)を使っている経験から、特にmylo弐号機(COM–2)が魅力に感じるところは
 ●液晶が大きくワイド(WVGA)になった
 ●カメラ搭載
 ●キーボードにバックライト搭載
 ●ブラウザがFlash対応
 ●ビデオフォーマットにソニー独自の縛りがなくなった
と、いったところです。
それと液晶のタッチ機能も面白そうですね。

でも、このお値段ではちょっと手が出ません…。う〜ん、でもやっぱりいじってみたいですね。今回は、SonyStyle限定販売ではないようですから、実機を触る機会はありそうかなぁ。(ソニプラに行かないと触れないとなると、私が実機に触れる機会は夏頃になりそうですからね…)


《お知らせ》
winとMacでiMindMap』をオープンしました。MindMapのエントリーはこちらにまとめていきたいと思いますので、こちらも是非ご覧下さい<(_ _)>

|

« New mylo(COM-2) 日本版 いよいよ発売! | トップページ | 新型mylo ソニースタイルにて先行予約販売開始! »

○Mac」カテゴリの記事

○mylo」カテゴリの記事

★Mind Map」カテゴリの記事

○Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Buzan's iMindMap』で、『新型mylo(COM-2)』のマインドマップを作ってみました。:

« New mylo(COM-2) 日本版 いよいよ発売! | トップページ | 新型mylo ソニースタイルにて先行予約販売開始! »