« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

Buzan's iMindMap で、1日のスケジュール表

トニーブザン氏の著書『ザ・マインドマップ』に紹介されている氏のスケジュール帳を参考に、iMindMapで「1日のスケジュール」のテンプレートを作ってみました。
Day_schedule75_3     
というわけで、まずは、これを使った明日のスケジュール表です。
明日は、青山こどもの城で行われる「マインドマップおやこ特別セミナー 」に参加予定です。とても楽しみ(#^.^#)
0330schedule_2

さて、このテンプレートですが、手書きマインドマップだと、円形のタイムテーブルの予定が入っている扇形の部分に色を塗ることで、予定が入っている時間とそうでない時間を一目で認識することが出来るのですが、iMindMapを使ってやろうとすると、なかなか難しいですね。というわけで、色々やってみた結果、24本のブランチを放射線状に配置して、円形のタイムテーブルに見立てるようにしてみました。まだ、改善の余地はたっぷりありますが、まずは、満足のいく物が出来たかなぁと思っております。毎日使う物ですから、使いながら少しずつ改善していこうと思っております、hi!

iMindMap形式のファイルも置いておきますので、試しに使ってやろうという方はぜひ改善点など教えてください!ダウンロードはこちらから→ 「day_schedule75.imm」をダウンロード
(MacBook–––画面解像度1,280×800–––で、iMindMapを75%表示にして使用することを想定しています。またMac版iMindMapで作成していますので、Windows版で開くとフォントの違いで若干レイアウトが狂うかもしれません。その場合はお使いの環境で見栄えがよいようにフォントを調整してください。)

※このマインドマップの中の人差し指で指さしているイラストは、「マインドマップ1年生 plusフォトリーディング」で、やまもとさをん さんが、公開してくださっているiMindMap用の素材を使わせていただきました。iMindMapでの使用を前提に作ってくださったとってもかわいい、そして、マインドマップの幅を広げてくれるイラスト集です!



《お知らせ》
winとMacでiMindMap』をオープンしました。MindMapのエントリーはこちらにまとめていきたいと思いますので、こちらも是非ご覧下さい<(_ _)>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション』オフラインでの認証システムはまだなのかなぁ〜な

時々、iMindMap.jp を覗いてみているのですが、『Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション』については相変わらず、次のような注意書きが書いてありますね。

※ソフトウェアの初回起動時、もしくはヘルプファイル取得時、またユーザー登録時にインターネットへの接続が必須となります。

以前にも書いたかと思うのですが、職場のWindows PC  に導入したいのですが、ちょっと特殊な環境(外部とのインターネット接続が出来ないようにしてある)のため、上記の仕様では導入不可!なんです…。それで、メールで問い合わせをしたりしたのですが、サポートからは下記のような返答をいただいています。

現在、お客様のような環境の方にもご利用いただけるよう、
オフラインでの認証システムを構築中です。

システム稼動の際は、http://www.imindmap.jp にてお知らせいたしますので、
今しばらくお時間をいただけましたら幸いです。

ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

とのこと。本当に便利なソフトなだけに、是非、早期対応を心待ちにしているのですが…ねぇ(;^_^A
私物のMacBookの持ち込みが可能ならば、全然問題ないのですが、セキュリティー等の関係で当然NG!

FAQを見ると、インターネット接続が出来ても、一度インストールしたPCから他のPCにインストールし直すのもちょっと手間がかかりますね。他のPCにインストールし直すには、

シリアルナンバーによる認証を再度行っていただく必要がありますので、ユーザー登録をしていただいた上でサポートまでご連絡をお願い致します。3営業日を目安にご返信させていただきます。

とのことです。
インターネットで認証をしっかりやろうという方向性は十分理解できるのですが、でも、ちょっとこれは縛りすぎかなと思ってしまったりするのですが…。
ぜひ、早期の改善をお願いします<(_ _)>

また、同じくFAQ機能操作には、いろいろ内容が追加されています。『ブランチのフォントの大きさやブランチの太さの指定が正常に機能しない。』『[ツール]→[オプション]のフォント設定が正常に機能しない。』といった不具合があるようです。
本当に良くできたソフトで、一度使うと手放したくないと思うソフトですから、こういったところの対応もぜひ頑張って欲しいです!


《お知らせ》
winとMacでiMindMap』をオープンしました。MindMapのエントリーはこちらにまとめていきたいと思いますので、こちらも是非ご覧下さい<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビデオ機能搭載! Skype for Linux 2.0正式版(ver 2.0.0.63)公開されましたね!

いよいよLinux版のSkypeでもビデオ機能搭載のバージョンが正式版といしてリリースされましたね! ダウンロードはこちらから

今回の変更点はこちらですね。→ 「Skype for Linux 2.0.0.63 Gold変更ログ

Linuxでも、UVCなwebカメラが利用可能になっているようですね。最近はLinuxの情報が掲載されている『LinuxとWebカメラ - Ryutaroh』さんや、Tat's page「Vine-4.2: Xacti DMX CG65 + UVC driver」さんからのリンクでこのブログを見に来てくださる方がかなりいらっしゃいます<(_ _)>

数年前までは、私も自宅では『vine Linux』を常用していたのですが(家族が使うときはその上にvmwareでWindows2000を動かしてました)、PC入れ替えの際に、私以外の家族(小学生の息子や奥様)の利用しやすさを優先して、WindowsXPが常用OSになっちやったんですよね。それ以来、Linuxは使う機会がめっきり減っちゃいました…。

先日、ほんと久しぶりに、仕事でLinux(ubuntuと、knoppix)をちょっとだけいじったのですが、やっばりおもしろいですね。

う〜ん、LinuxでもSkypeビデオをやってみたくなってきました(爆)


追記:
こうやって自分では思いもかけないサイトからリンクいただけると「頑張って更新しなくちゃ」と思います、hi!(と、いいながら今日は2月20日以来の更新ですね(;^_^A アセアセ…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バッファローコクヨから、UVC対応Webカメラ『BSW20K04シリーズ』『BSW3K03Hシリーズ』が発売されますね。

3月下旬に、バッファローコクヨサプライから、UVC対応カメラ2機種が発売されますね。

BSW20K04シリーズ
UVC対応、200万画素、USB2.0 / 1.1

 【BSW20K04Hシリーズ
 上記BSW20K04シリーズにヘッドセットが同梱されたセットです。

BSW3K03Hシリーズ
UVC対応、30万画素、USB2.0/1.1 ヘッドセット付き

いずれも正式にMacやPS3での動作がサポートされています\(^-^)/
(ただし、BSW3K03Hシリーズ、BSW20K04Hシリーズに同梱されているヘッドセットのマイク部分はMacには非対応です。同梱のヘッドセットをMacで使用する場合は、USBオーディオアダプタが別途必要になります。)

《対応機種》
 USBポート搭載のDOS/V(OADG仕様)対応パソコン
 Apple Macintoshシリーズ
 PLAYSTATION®3 (ファームウェア1.81以降)

《対応OS》
 Windows Vista / XP(SP2)
 Mac OS 10.4.9以降

とのことです。(あれ?そういえば、Vista SP1が書いてないぞ…)
Windows以外でも使えるwebカメラの選択肢がドンドン増えていますね!

気になる実売価格はAmazonでこのような感じです。200万画素でこのお値段はなかなかリーズナブルですね。

 

そして、30万画素だとこのお値段!
UVCもだいぶ身近になってきましたね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »