« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »

Mac版Skype 2.8ベータが公開されました!(その2)

前回のエントリーに引き続き、Skype 2.8 ベータ for Mac の画面共有機能についてもう少し詳しくご紹介。

【通話中に簡単に画面共有】
 通話中に、メニュー「通話」→「画面を共有」で共有が開始できます。また、ダイアログの「共有」ボタンからも行えます。「ファイル送信」もここから行なうようになっています【図1】
 画質的には、…、こんなものでしょう。私の用途としては十分です(#^.^#)
Fig_001
【図1】通話中に簡単に共有が開始できる。


【画面共有は「全画面」と「選択」の2種類】
 共有のサイズは「全画面を共有」と「選択を共有」(ちょっと変な日本語ですねぇ…)の2種類です。「全画面」にするとMac側の全画面が共有されます。【図1】で「全画面を共有」を選択した場合、Windows側では【図2】【図3】のような画面になります。(ちなみにWindowsの画面解像度は1024x768です)

Fig_003_2
【図2】Windows側。ビデオウィンドウで表示した様子

Fig_004_2
【図3】Windows側。ビデオ全画面表示にしたところ


【選択範囲を変更して画面ズームアップ】

 「選択を共有」を選ぶと、共有中に選択する位置や範囲を変更することが可能ですので、ズームアップ的な使い方もできますね。アイデア次第で色々と楽しい使い方が出来そうです。

Fig_005_2
【図4】Skype 2.8 ベータ for Mac で「選択を共有」

Fig_006_2
【図5】Win側で表示(全画面ウィンドウ)するとこのようになります。


《共有中に選択範囲や位置を調整する…》

Fig_007
【図6】Skype 2.8 ベータ for Mac で選択範囲を変更すると…

Fig_008_2
【図7】Win側ではこのように、画面がズームアップしたようになります

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Mac版Skype 2.8ベータが公開されました!

【Skype 2.8 ベータ for Mac が公開されました】
 1月6日、Skype 2.8 ベータ for Mac (バージョン2.8.0.324)が公開されました。ダウンロードはこちらから
 今回もWindwos版では搭載されていない2つの新機能が、Mac版に先取りで搭載されています。詳しくは、こちらをどうぞ→『Skype 2.8ベータfor Mac: 画面共有・Skype Access
 私が、おー! と思ったのは、『画面共有機能』です

別のソフトやWebカメラも不要。Skype通話中にメニューの「通話」>「画面共有」を選び、確認画面でOKするだけの簡単操作です。MacからWindows、Linuxへの共有もOK。

とのことです。さっそく、アップグレードして、Windows版Skypeに画面共有をしてみました。

【画面共有機能で自分のMacの画面を相手と共有】
 早速アップグレードして、Windows版のSkypeと通話をして、画面共有を試してみました。共有するサイズは、全画面共有と選択共有とが利用できます。【図1】は選択共有したところです。画面中央のマインドマップのあたりを選択しています。この選択範囲は、共有中でも大きさや位置を自由に変えられます。
 共有を開始すると、こちら側からのカメラの画像は共有した画面に切り替わりますが、相手からのカメラ映像はそのまま繋がっています(左上のウインドウが相手のカメラの画像です)。Windwos側では【図2】のようになります。

Mac_skype_2
【図1】Skype 2.8ベータ for Mac で画面共有したところ

Win_skype
【図2】Skype for Windows でMacの画面を表示

 私は、友人や知人とSkypeで接続して、パソコンの操作を説明することが時々あるのですが、Skypeだけで画面共有できるこの機能は、大変便利に使えそうです。選択共有の場合、共有をしながら、その選択する部分の位置やサイズを随時変更可能なので、見せたい部分をズームアップしたり、全体を見たせたりといった使い方も出来ちゃいますから、これはかなり便利そうです。 (その2へ続く…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »