« ショートカット(ブランチ挿入) | トップページ | ブランチで矢印を自由自在に描く »

あらためて感じた『親指シフト』の入力効率の良さ

MindManager 7 Macの日本語入力の不具合について書きましたが、その現象を再現する際に、ローマ字入力と比較して、親指シフト入力効率の良さを改めて感じました。

『MindManager 7 Mac』の日本語入力の不具合は(詳しくはこちら)、 あるスピード以上で日本語の2文字以上をタイピングすると起こるのですが、ローマ字入力と親指シフトとほぼ同じスピードで入力した場合、ローマ字入力は現 象が発生したりしなかったりなのに対して、親指シフトだとほぼ100%の確率で発生します。 (もちろん、かなりのスピードでタイピングできる方ならローマ字入力でも100%の確率で発生するはずです。)

その理由は、日本語2文字をローマ字で入力するのには、3〜6つのキーをタイプしないといけないのに対して、親指シフトの場合は2タイプで済むからです。ひょんなところで親指シフトの入力効率の良さをあらためて実感いたしました(#^.^#)

親指シフトに興味のある方は是非親指シフトに挑戦してみませんか(^-^)/ 頭で考えるととても複雑な入力方法のように感じる方が多いようです が、いざやってみると、ほんとにスムーズに日本語入力することが出来ます! 我が家は、奥様に続き、息子も親指シフターになっちゃっいました。

日本語入力時に思考を妨げない『親指シフト』はパソコンでのマインドマップ作成にうってつけの入力方法だと思います(#^.^#)

親指シフトについて詳しくは、NICOLA 日本語コンソーシアムをご覧下さい。

※Mac OS X Tiger で親指シフト導入をしてみたい方は、 『winとMacでDTP』の下記の記事にその方法をまとめておりますのでご一読を<(_ _)>

MacBook(Intel Mac)で親指シフト!(その1)
  TELSAのビルド〜TESLAの常駐設定

MacBook(Intel Mac)で親指シフト!(その2)
  TESLAの再起動コマンドファイルの作成

MacBook(Intel Mac)で親指シフト!(その3)
  ATOK2006のアップデート

|

« ショートカット(ブランチ挿入) | トップページ | ブランチで矢印を自由自在に描く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あらためて感じた『親指シフト』の入力効率の良さ:

« ショートカット(ブランチ挿入) | トップページ | ブランチで矢印を自由自在に描く »