« 「Buzan's iMindMap Ver.3 日本語版 Ultimate」評価版の提供が開始されましたね | トップページ | [iMindMap v3 日本語版] 断然使いやすくなった「スピードマップ」モード »

[iMindMap v3 日本語(Mac)版]「オートフォントの設定」を変更する

【オートフォントの設定の初期値は…】
 iMindMapの各ブランチのラベルや、セントラルイメージのフォントは、[ツール]メニュー→[オプション]→[オートマップ] の中の「オートフォントの設定」で指定された書体、スタイル、ポイントが反映されています。初期設定では、WindowsもMacも「Serif」になっています。(図1)
Autofontdefault
【図1】Mac版のインストール直後のデフォルト状態での設定

 この設定ですと明朝体書体になりますので、線が細めでインパクトが薄いですよね。書体を変えるとグッとマップ全体の雰囲気が変わりますから、ぜひ、自分の好みの設定に変更しましょう!


【フォントで オートレイアウトの行間が変わる】
 Windwos版ではまだ未確認なのですが、Mac版ではフォントによって新機能の「オートレイアウト」を使用した時のブランチとブランチの間隔が変化します。同じく新機能の「SpeedMindMapモード」では常にオートレイアウトが動作しますから、フォント設定によって出来上がっていくマップの雰囲気がだいぶ変わってきますね。
 具体的には、初期設定のSerifで日本語を表示すると兄弟ブランチの間がだいぶくっついていて、ちょっと見にくかったりします。これを日本語フォントに変えてあげると間隔が拡がって、見やすく格好良いマップを描いてくれるようになります。(図2)
Gyoukan

【図2】フォントを変えるとオートレイアウトのブランチの間隔が変わります


※新機能の「オートレイアウト」「SpeedMindMapモード」もインターナショナル版からいろいろなこ所が改善されていますね。
例えば、日本語版では「control」+「 ; 」でズームインが可能になっていたり、ソートで「キャンセル」するとレイアウトがちゃんと保持されるようになっていたりします。日本語版での動作はあらためて記事にする予定です。
ですので参考程度にしかなりませんが、インターナショナル版での記事SpeedMindMapとオートレイアウトについての記事はこちらご覧くださいませ<(_ _)> →
『オートレイアウトその1その2』『SpeedMidnMapモードその1その2その3』。



【オートフォントの設定を自分の好みに設定する】

 セントラルイメージやブランチ上のラベルのフォントは前述のように「オートフォントの設定」で設定された書体、スタイル、ポイントが反映されますから、この設定を自分の好みにあった書体に変更するとマップの表現力もグッとアップします!
 私はiMindMapバージョン3を使い初めてかれこれ5ヶ月ちょっとになるわけですが、現在はオートフォントの設定は(図3)のような設定を使っています。文字デザイン的にはヒラギノ書体が好きなのですが、オートレイアウトで兄弟ブランチの間隔を広くとってくれる小塚ゴシックをブランチレベル2〜3に使用しています。レベル1はBOIですので、目立つようにヒラギノ角ゴシック・スタンダード(この書体は太さがW8なので目立つんですよね!)です。
Autofont01
【図3】私のオートフォント設定はこんな感じです…。

 書体をゴシック体や明朝体だけではなくて、ポップや筆文字書体などに変えるとマップの表現力もグッとアップしますので、私はこれをベースに必要な部分のフォントを変えるようにしています。


【オートフォントの設定の不具合と対処方法】
 さて、「オートフォントの設定」ですが、私の環境ではちょっとした不具合に遭遇してしまいました。スタイルをBOLDでヒラギノ書体を設定して、iMindMapを再起動すると、ヒラギノが反映されずに「Dialog」になってしまいます。
 対処方法としてはスタイルにPLAINを指定すればヒラギノ書体が設定できます。(ヒラギノ書体の角ゴシックと明朝はそれぞれ太さの違う「Pro」と 「Std」が搭載されていますので、太くしたいブランチレベルには「Std」、普通の太さは「Pro」を使い分ければ、スタイルPLAINでも太さを変え ることができますのでBOLDが指定できなくても問題はないです。)
 私が確認した範囲では「OSAKA」でもこの現象が発生します。また、私の環境にはダイナフォント(TTF)と字多楽(TTF)のいくつかの書体が入っているのですが、これも同じ現象が発生しますね…。
 「小塚」や「欧文」書体では発生しませんでした。

 この現象とその対処方法についてマップにしてみました(図4)。このマップは図3の設定をして『Speed Mind Map モード』で描いたものです。こんなきれいマップが自分でレイアウトを気にしなくても「オートレイアウト」でサクッと描けてしまうのがiMindMapバージョン3の魅力ですね(#^.^#)
Autofont_3
【図4】オートフォントの設定と不具合の対象方法



---おまけ---
 ちなみに、図4のマップを初期設定の「Serif」で描くとこんな感じになります(図5)。ブランチにアイコンを挿入しているので、兄弟ブランチ間が広めにオートレイアウトされていますが、アイコンがないと「設定変更」の下レベルのブランチのように兄弟の間隔がかなりせまくっなてしまいます。また、BOIの文字も目立たないですよね
Autofont_serif_3
【図5】図4を初期値のSerifで描くと…

|

« 「Buzan's iMindMap Ver.3 日本語版 Ultimate」評価版の提供が開始されましたね | トップページ | [iMindMap v3 日本語版] 断然使いやすくなった「スピードマップ」モード »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。