« [iMindMap v3 日本語版] MindManager 7 Mac のマップをインポートするには? | トップページ | [iMindMap v3 日本語版] winとMacでiMindMap (#^.^#) »

[iMindMap v3 日本語(Mac)版] ATOKを使うために一工夫!

【iMindMap Ver.3のATOKでの不具合】
 iMindMap Version.3 日本語版でATOKを使うとラベル入力に不具合があることを2月20日の記事に書きました。その時は、ローマ字入力時の不具合を書きましたが、実はATOK+TESLA(親指シフトエミュレータ)だと、さらに問題が深刻化します…。(この件はあらためて別記事に書こうと思います)

ATOK使用による不具合の件は、iMindMap公式サイトのFAQにも掲載されています。現段階での対策としては、

IMEを「ATOK」から「ことえり」に設定をいただけますと問題は解決いたします。

という回答がされていますね…。現在対応策を検討中ということのようです。



【iMindMapでもATOKを使いたい!】

 私はATOKとは非常に長いつきあいで、初代DynaBookに搭載されていたATOK7からのつきあいですから、今年で20年になります。ちなみに親指シフトは、そのDynaBook+「親指ぴゅん」で使い始めました。19年になりますね(#^.^#)
 ですから、ATOK+親指シフトは必須なんですよね。ですから、不具合があるから「ことえり」を使ってねといわれてもちょっとつらいです…。
 やっぱりATOKを使いたいというわけで、いろいろやってみた結果「これならいけるじゃん」という方法をみつけました!



【これで ATOK が iMindMap Ver.3 でも使えます!】

 その方法はとても簡単! Macにデフォルで設定されている『Spotlight検索フィールドを表示』のショートカット control + space を無効にするだけです。
 具体的には、[アップル]メニュー→[システム環境設定]→[キーボードとマウス]→[キーボードショートカット]タブの中の『Spotlight検索フィールドを表示』のチェックを外します(図1)。
Shortcut
【図1】『Spotlight検索フィールドを表示』のチェックを外す

 これでだけで、iMindMapでATOKを快適に使えるようになります。実は、iMindMap Ver.3 では、control + space はブランチラベル編集のショートカットになっていたのですね。Windows版を使っていて「もしや?!」と思ってやってみたのですが正解だったようです(#^.^#)

設定後のiMindMapで操作の仕方は次のような感じになります!(変わるのは赤文字のところです)

《マインドマップ・モード》
 1. マウスでブランチ作成
 2. control + space でラベル編集状態にする
 3. 文字キーをタイプしてラベルに文字を入力する

《スピードマップモード》
 子ブランチを作成する時
 1. spaceキーをタイプして子ブランチ作成&ラベル編集
 2. 文字キーをタイプして文字を入力する

 兄弟ブランチを作成する時
 1. enterキーをタイプして兄弟ブランチ作成&ラベル編集
 2. 文字キーをタイプして文字を入力する

※マインドマップモードでもスピードマップモードでも control + space でラベルの編集が出来るようになります。

ATOK for Mac ユーザの方は是非お試しを!

|

« [iMindMap v3 日本語版] MindManager 7 Mac のマップをインポートするには? | トップページ | [iMindMap v3 日本語版] winとMacでiMindMap (#^.^#) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [iMindMap v3 日本語(Mac)版] ATOKを使うために一工夫!:

« [iMindMap v3 日本語版] MindManager 7 Mac のマップをインポートするには? | トップページ | [iMindMap v3 日本語版] winとMacでiMindMap (#^.^#) »