« iMindMap v4「Presentation View」使ってみました(#^.^#) | トップページ | オンライン版のiMindMapが登場する? »

単行本『パソコンで広がる思考の翼 iMindMapではじめるマインドマップ(CD-ROM付)』が発売されました!


iMindMapの公式本「パソコンで広がる思考の翼 iMindMapではじめるマインドマップ(CD-ROM付) 」がいよいよ発売されました! 私もさっそく手にしましたので、簡単にその感想を…

【マインドマップを パソコン=iMindMap で 始める入門書】
 この本は、書店のパソコンコーナーでよく見かけるソフトの操作ガイド本のようにiMindMapの操作や設定の仕方について書いてあるマニュアル本かというと、実はそうではありません!
 もちろんiMindMapの基本操作については書かれていますが(でも17ページだけ)で、あとは、まさに書籍タイトルの「iMindMapではじめるマインドマップ」の通り、ワーク(演習)に取り組みながらiMindMapを使ってマインドマップの活用の仕方を練習、習得することができるワークブックになっています!



【豊富な活用例と、マップの作成例がカラーで掲載】

 B5版136ページの紙面はすべてカラーです! たくさん掲載されいるマップの作成例ももちろんフルカラーです!
 ワークの内容は、大きく分けて「プライベートでマインドマップを活用する」「グループでマインドマップを活用する」で構成されています。それぞれ、個人での活用例とグループでの活用例が多数取り上げられていて、それぞれiMindMapを使ったマップの作成例が掲載されています。



【パソコンでマインドマップをかくことの自由さを再認識

 マインドマップ素人の私としてはこの作成例がものすごく嬉しいですね。ブランチに乗せるキーワードとしての単語切り出し方とか、ブランチの広げ方とか大変参考になります。(1ブランチ1ワードというのは知ってはいましたが、身近な実例をみて、なるほど、こういうふうにしたら良いんだなぁとか…)
 とくに作例を見ていて「あっ!」と思ったのは、iMindMapでは「マップは横長でなくても良いんだ!」ということです。てがきの時の「用紙を横長に使う」とうのが、いつの間にかiMindMapでかく時もマップは横長に展開していくものだという、変な先入観になってたようです(;^_^A アセアセ…(iMIndMapで作成したマップをプリントアウトすることも多いので、どうしても用紙の縦横比を気にしていたことも一因していると思うのですが…)
 それで、さっそく今日の記事を書くための下書きをiMindMapでかくときに、あえて横長にこだわらず四方に自由に広げようと思ったら、ものすごくスムーズにマップがかけるんですよね! この広がり感が気持ちよくて、これだけでも大収穫でした! 考えてみれば、横長にというのは用紙の制約であって、iMindMapでしたらそんな制約は受けませんものね。(プリントアウトする時はまた別ですが…)。紙のように大きさにとらわれずに伸び伸びとかけることもパソコンでマインドマップをかくメリットの1つですね。

※追記(2009/07/02):上記のマップを横長に広げていくことについて、なんと著者の伊藤さんからのアドバイスをいただきました! マインドマップが横長に用紙を使うのは、紙の制限と言うよりは、人間の目は縦よりも横の方が動きやすいという人間の目の構造に理由があるそうです。なるほどです! ですので、iMindMapでも基本は横に広がるようにした方がよいそうです。伊藤さんアドバイスありがとうございます! 




【マインドマップのかき方のルールに触れていないのはiMIndMapならでは?!】

 この本には、マインドマップ関連の本には必ず書いてある、かき方のルール(7つのルールとか)のようなものがかかれていません。書かれているルールはブランチに一単語ということくらいでしょうか? でもこれは、マインドマップのルールに沿ったマインドマップがかけるiMindMapだから、きっと、ルールについて触れられていないんでしょうね!
 実は、私が「マインドマップってこういうふうに描くんだ!」と実感して、マインドマップをてがきするのが楽しくなったのは、iMIndMapを試用してみたことがきっかけでした。今まで本などではマインドマップの書き方のルールを読んだことはありましたが、非公式本などに掲載されているマップは他のマッピッグソフト(例えばMindManager)のものだったりとかして、「ブランチに有機的な曲線」とか「根本を太く」とかいまいちピントきていなかったんです。それが、「マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術 」を読んだのとiMindMapにふれたことでものすごく認識が変わったんです。(ちなみにそれまでは、少しの間NovaMindを使ったことがあって、てがきでもそれと同じようなブランチが直線&水平になったマップを書いていました。ソフトが与える影響ってすごく強いですね)



【いろいろなシーンでのマインドマップの活用の仕方がわかる】

 最初にも書きましたが、個人での活用例とグループでの活用例が多数取り上げられていて、いろいろなシーンでのマインドマップの活用の仕方が紹介されています。ですから、私のように「iMindMapを持っていて普段使ってはいるけれど、もっといろいろなところで活用したい! 具体的な活用の仕方が知りたい」という方には、活用のヒントが得られると思います。
 また、本のタイトルは「パソコンで広がる…」となってはいますが、マインドマップをてがきする時にも、とても参考になる内容だと思いますので、iMIndMapユーザーも、そうでない人も、読んでみて損のない本だと思います!
 ちなみに、『iMindMap 日本語版 Ver.3 Ultimate』の21日間体験版と、掲載されているマインドマップ(iMindMapファイル形式)が付録のCD-ROMに収録されていますのでこれ一冊で掲載されいるワークを実際に試してみることが出来ちゃいます(#^.^#)

|

« iMindMap v4「Presentation View」使ってみました(#^.^#) | トップページ | オンライン版のiMindMapが登場する? »

コメント

丁寧な解説をありがとうございます。
mindmap.jpのページからもリンクさせていただきました。

投稿: ken | 2009年7月 2日 (木) 23時40分

伊藤さん

リンクありがとうございます。私の拙い感想を、mindmap.jpにリンクいただけるなんて恐縮です。ありがとうございます。

また、マインドマップを横長に広げる件、とても貴重なアドバイスありがとうございました<(_ _)>

ワークを実践した感想などもこれからアップしていこうと思っております。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: marble-papa | 2009年7月 5日 (日) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単行本『パソコンで広がる思考の翼 iMindMapではじめるマインドマップ(CD-ROM付)』が発売されました!:

» 「iMindMapではじめるマインドマップ」(公認本)のご紹介 [mindmap.jp]
パソコンで広がる思考の翼 iMindMapではじめるマインドマップ(CD-ROM付)ブザン教育協会 インプレスジャパン 2009-06-26by G-Tools , 2009/06/22 私(min... [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 11時20分

« iMindMap v4「Presentation View」使ってみました(#^.^#) | トップページ | オンライン版のiMindMapが登場する? »