« 日本語対応でiMindMap v5 がリリース! | トップページ | iMindMap 5 の Q&A (その2) »

iMindMap 5 の Q&A (その1)

Font

 Twitter や メールで、iMindMap v5 に使用感について質問をいただきました。iMindMap v5 はかなり注目度が高いですね! そこで、質問いただいた内容をこちらにもQ&A形式で掲載させていただきます。
 ぜひ、購入やアップグレードの参考にして下さい!


.

Q1. フローティング手漉きが廃止と言うことですが、文字が自由に置けなくなったと言うことでしょうか?

はい、iMindMap v5 では、マルチマップが搭載されて、V4以前のフローティングテキストは、マルチマップのセントラルアイデアに置き換えられました。私も結構フローティングテキストを使っていたのでちょっと残念な仕様変更ですね。

Q2. スマートレイアウトの自動調整機能が搭載されて、今までのように自由にブランチをレイアウトすることができなくなってしまったのでしょうか?

 スマートレイアウトは今までの「マインドマップモード」同様に自由にブランチを伸ばすことができます。もちろん、ブランチの変形もOKです。
 スマートレイアウトは、隣のブランチと重なってしまうような位置にブランチをを伸ばすと、自動的に相手のブランチとの間隔を調整してくれます。たとえば、隣り合わせのブランチ同士が重なってしまうのよう場合に、自動的にブランチとブランチの間隔を自動的に調整してくれるので、とても軽快にアイデア出しをすることができます♪
 また、スマートレイアウトをオフにすれば、前バージョンの「マインドマップモード」と同じ操作感になります。

Q3. 画像は自由に配置できるのですか?

 基本的に画像はブランチに配置するようになりました。もちろん、ブランチとの位置関係は自由に調整できます。また、ブランチから独立した状態で画像を配置したい場合は、マルチマップのセントラルアイデアの扱いで配置することになります。

Q4. ブランチの文字にゴシック体を使いたいのですがどうしたらよいですか?

 スマートレイアウトで使用されるフォントを変更したい場合には、スタイルフォントを変更します。
 Mac版の場合は、[書式]メニュー>スタイル設定>フォント を変更すると、ゴシック体に変えることができます。細めのゴシックや太めのゴシック、あるいは、太めの明朝体にもなりますので、ぜひ試してみましょう。
 Windows版の場合は、[デザイン]のリボンを表示したら、スタイアイコンのみ右側にある「フォント」で『MS UI Gothic』を選択します。残念ながら、Windowsではゴシック体になるのはこのフォントのみです。


Font_2

▲Windows版ではゴシック体になるのは、『MS UI Gothic』 のみ

以上、皆さんの参考になれば嬉しいです。

|

« 日本語対応でiMindMap v5 がリリース! | トップページ | iMindMap 5 の Q&A (その2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iMindMap 5 の Q&A (その1):

« 日本語対応でiMindMap v5 がリリース! | トップページ | iMindMap 5 の Q&A (その2) »