« [News] iMindMap5 → “5.1” 更新プログラム | トップページ | [News] MindManager Version 9 for Mac が 2011年6月23日発売されました »

[News] iMindMap5.1で本当に起動時間が速くなったのかを検証してみました

 5.1になって、起動時間が速くなったと言われる iMindMap5。そこで、Windows版 Basicエディションを使って、5 と 5.1 の起動時間を実際に測定してみて、その違いを比較してみました。その結果は…。

.

【確かに速くなった起動時間!】

 私の環境(iMac Late 2009 : MC413J/A)で、その起動時間を測定してみました。Windowsでの環境の詳細は下記の通りです。

  • OS: Windows 7 Home Premium SP1 日本語 32ビット
  • プロセッサ:Intel Core2 Duo @ 3.06GHz
  • 実装メモリ:4.00GB(2.98GB 使用可能)
  • Windows エクスペリエンス インデックス: 5.9

iMindMapは、Basic です。

さて、その測定結果(平均値)は次のようになりました。

5 5.1 備考
初回起動時間 56.9秒 48.4秒 15%の高速化
2回目以降の起動 29.4秒 23.9秒 19%の高速化

私の環境では確かに起動時間の高速化が確認できました。
ただし、速くなってはいるものの、特に初回起動時間はまだまだかかりますね。ここは今後のさらなる改善を期待したいところです。

ちなみに、 同じiMacのOS X環境(OS X 10.6.7)でのiMindMap5.1 Ultimate の起動時間は
 初回起動時間:29.5秒
 2回目の起動時間:18.8秒
でした。この時間なら及第点かと思います。(それでもコンピュータのスペックを考えると、もう少し頑張って欲しいところですが…)

|

« [News] iMindMap5 → “5.1” 更新プログラム | トップページ | [News] MindManager Version 9 for Mac が 2011年6月23日発売されました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [News] iMindMap5.1で本当に起動時間が速くなったのかを検証してみました:

« [News] iMindMap5 → “5.1” 更新プログラム | トップページ | [News] MindManager Version 9 for Mac が 2011年6月23日発売されました »