« [Mobile iMindMapをもっと便利に使おう! その1] iPhone版、iPad版 iMindMapで作成したマップを別名保存するには? | トップページ | [Mobile iMindMapをもっと便利に使おう! その3] コピー&ペーストで既存のマップを利用しよう »

[Mobile iMindMapをもっと便利に使おう! その2] Dropbox を使って、オリジナル・テンプレートを活用しよう

Img_1027

 iPadや、iPhoneでマインドマップを かく メリットの一つが、既存のマップを簡単に手直しして、利用することが出来ることでしょう。よく使うマップは、その「テンプレート(ひな形)」を作成して、Dropbox  に保存しておけば、素早くテンプレートを開いて、それを元にマップを作成することができてとても便利です。

  iOS版 iMindMapをもっと便利に使えるTips 第2回目は、Dropboxを使って、テンプレートを活用する方法を紹介します。

.

【Dropbox から オリジナルテンプレートをインポート】
 前回に引き続き、今回もiPhone版の画面で手順を紹介します。なお、今回のTipsも、iMindMap Freedom のサブスクリプション、または、iMindMap Plusが必要です。


《Dropboxにテンプレートを保存する》

 まずは、普段よく使うマップのテンプレートを作成します。私は、コンピューター版のiMindMap で作成したテンプレートを保存してみました。コンピューターから Dropboxに保存する手順はとても簡単ですね。
 iPhone版の『iMindMap』や、iPad版の『iMindMap HD』でテンプレートを作成した場合は、前回紹介した手順で、自分宛にメール送信して、添付のマップをDropboxに保存します。(iMindMap から 直接Dropboxにエクスポートできないのはちょっと残念ですね…)


《Dropboxに保存したテンプレートを利用してマップかく》

 ドロップボックスに保存したiMindMap形式(*.imx)ファイルは、ついでも iPadや iPhone の iMindMap にインポートして利用することができます。その手順をiPhoneの画面でご紹介します。もちろんiPad版でも同様の手順で、マップを利用することができますよ。

1. Dropboxを起動する。テンプレートを保存したフォルダを開き、iMindMapで利用したいマップをタップする。
Img_1026


2. ファイルがiPhoneにダウンロードされる。

Img_1028


3. ダウンロードが完了すると「ファイルを表示できません」と表示されるので、画面右下のアイコンタップする。

Img_1029


4. アプリ一覧から「iMindMap」を選択する。

Img_1030


5. iMindMapが起動してマップが表示される。
Img_1031

※パソコン版で作成したマップもこのとおり! 新しいiPhone版、iPad版のクオリティは凄いですね♪


6. 必要に応じて、マップに加筆します。画面左上の「マイ マインドマップ」をタップすると、マップがiPhoneに保存されます。

 色々なテンプレートを作成して、Dropboxに保存しておくととても便利そうですね。

※次回は、「コピー&ペーストでマップを既存のマップを流用しよう」の予定です。

|

« [Mobile iMindMapをもっと便利に使おう! その1] iPhone版、iPad版 iMindMapで作成したマップを別名保存するには? | トップページ | [Mobile iMindMapをもっと便利に使おう! その3] コピー&ペーストで既存のマップを利用しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Mobile iMindMapをもっと便利に使おう! その2] Dropbox を使って、オリジナル・テンプレートを活用しよう:

« [Mobile iMindMapをもっと便利に使おう! その1] iPhone版、iPad版 iMindMapで作成したマップを別名保存するには? | トップページ | [Mobile iMindMapをもっと便利に使おう! その3] コピー&ペーストで既存のマップを利用しよう »