MindManager 8 for Mac リリース!

MindManager ユーザさん待望の MindManager 8 for Mac がリリースされました。Mac版のMindManager と言えば、日本語入力時の不具合の修正が気になるところです。そこで、早速試用版を試してみました。

続きを読む "MindManager 8 for Mac リリース!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EasyStepをMacで利用する際の制約事項とショートカット

MacでEasyStepを利用する際の制約事項とショートカットをEasyStepでマップにかいてみました。

使用している環境は下記の通りです
・MacBook
  2GHz Intel Core 2 Duo
  2GB 667MHz DDR2 SDRAM
・OS : Mac OS X 10.5.8
・ブラウザ:Safari 4.0.3 / Fierfox 3.5.3
・日本語入力:ATOK2006+TESLA

 上図のようにiMindMapとほとんど変わらないマップが作成できて、無料で利用できるのですからすごいですよね。非公開で保存できるツリー(マップ)の数に制限があったりしますが、複数のユーザーとツリー(マップ)を共有できたり、専用ソフトをPCやMacにインストールすることなくインターネットに接続できる環境とブラウザされあればどこでも利用できたりしますので、色々なシーンで活用が考えられますね!



【Macで利用できる
EasyStep のショートカット】
 ショートカットもWindows同様に使えますので覚えておくと操作がとてもスムーズに行えそうです。

 注意点としては、

  • マック流の『command』キーとの組み合わせではないので、ちょっと慣れが必要かもしれません。(特にWindowsでは「Ctrl + ドラッグ」で “画面移動” のところが、Macでは「optin + ドラッグ」になっているのがわかりにくいかも^^;)
  • 『Control + マウスホイール』は、Mac OS X のデフォルト設定のスクリーン拡大操作と重複しているためこのままでは使用できません。EasyStepでこのショートカットを使いたい場合はMac側の設定を変更しましょう
  • Safariでは、『マウスホイール上下』『Shift+マウスホイール上下』は私の環境では動作しませんでした。

 これらの点について、EasyStepのスタッフの方から早速にコメントをいただきました。ブラウザの動作との絡みがあるようですが、まずは、可能な部分からcommandキーを主体に操作できるよう、検討していってくださるそうです。
 今回のMac対応は公開テストという位置づけですから、ショートカットがMacの標準的なお作法と多少違うところはありますが、まずは、その機能自体は正しく働いてくれていますので現時点の動作としては◎ではないでしょうか。



【フォントに関する制約事項】
 EasyStepの更新履歴に書かれていますが、フォントに関してMSゴシック、MS明朝がインストールされていないMacの場合はいくつかの制約事項が発生します。 
前述のMSフォントがインストールされていない場合は…

  • Macで作成後Windowsでファイルを開くと文字の幅等が異なる場合がある。
  • 又、Windowsで作成されたものをMacで開くと同様の症状になる場合がある。
  • 文字種の変更ができない(例えば、明朝体に設定してもゴシック表示のまま)

 これらの問題は使用しているMacに、MSゴシック、MS明朝をインストールすると解消します。これらのフォントは、MS-Office などをインストールすると自動的にインストールされます。
 ちなみに、こちらのMSサイトから Office 2008 for Mac の30日無料トライアル版がダウンロードできますので、MS-Officeをお持ちでない方はインストールしてみてはいかがでしょうか?(試用期間が終了するなどして、Officeをアンインストールしても、MSフォントはそのままシステムに残ります)



 Macからもユーザー登録のみで無料で利用できるよにうになったので、Macユーザーの方も試してみてはいかがでしょうか?


=関連記事=

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EasyStepをMac公開テストが開始されました!

【EasyStepのMac公開テストが早くもスタート】
 昨日、記事を書いたわずか数時間後に、EasyStepのMac公開テストが開始されました。この対応の早さには驚きました!

MAC版での注意事項として以下の点がございます。

■動作環境は以下の通りです。
 JRE バージョン 1.5.0 以上以上のJavaランタイムがインストールされて
 いるMac OS X

■MSゴシック、MS明朝のフォントがシステムにインストールされていない
 場合、以下の制約があります。

・Macで作成後Windowsでファイルを開くと文字の幅等が異なる場合があります。
 又、Windowsで作成されたものをMacで開くと同様の症状になる場合があります。
・ツリー図編集画面で文字のゴシックとPゴシック、又は明朝とP明朝の間での変
 化はありません。

 ちなみに、上記のフォントは Microsoft Office for Mac等のマイクロソフト
 製品をインストールすると利用が可能となるようです。

とのことです。Macユーザーの方は是非お試しを!


※ちなみに、私の環境では、Macで、文字や枝などの色を設定するダイアログを開くと、タイトルバー(?)内の右側に 「Java Applet Windows <注意アイコン>」が表示されまね。(Windowsでは同ダイアログの右横に<注意ア イコン>だけが表示されます。)
これは、Javaのセキュリティ(なりすまし防止)のための仕様ですね。


=関連記事=

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「EasyStep」が公開テストでMacにも対応するそうです!

【EasyStepがMacにも対応!】
 昨日の「EasyStep」に公開した「MacでEasyStep」ツリーに、スタッフの方が早速コメントを下さいました。この対応の早さとスタッフの方と直接コメントのやりとりができるというのも「EasyStep」の魅力ですね。
 さて、そのコメントですが…

公開テストという位置付けで遅くとも数日内には提供を開始させていただきます。

とのことです。私のマップも、今回の提供のきっかけの1つになったようで、なんだかとても嬉しいですね。
 「公開テスト」という位置づけではありますが、WinとMacの両方で使えるマッピングサービスがまたひとつ増えました。Macユーザーの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?


=関連記事=

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EasyStepをMacで試用してみました

EasyStepはツリー状関連図が作成・公開できる、情報共有サイトです。ソフトをインストールすることなく、ブラウザでツリー図が作成できます! 現在、ツリー図作成アプリの動作環境は、Windowsのみとなっていて、残念ながらMacのブラウザでは利用できません。そこで、Safariの「開発」メニューを使って、MacでEasyStepのツリー図作成アプリ「Synapse(シナプス)」を試用してみました。

Easystep_2
 ▲マップ:「MacでEasyStepを試用してみました」

【マインドマップにより近いツリー図が作成できる EasyStep】
 EasyStepは、ツリー状関連図が作成・公開できる、情報共有サイトです。ユーザー登録(無料)を行うだけで利用できます。
  ツリー図は専用アプリを使って作成します。専用アプリはブラウザの中で動作するので、ローカルのPCにアプリをインストールする必要がありません。 EasyStepでは2種類のアプリがご利用できるのですが、Synapse(シナプス)は有機的な曲線のブランチを描くことができて、MindMapの ルールにより則したマップをかくことがでます。これで無料というのですから驚きです!
 また、マインドマップにより近いツリー図が作成できること とともに、大きな特徴の1つは、作成したツリー図を同サイトで公開したり、メンバーで共有することができると言うことでしょう。ブラウザさえあれば、いつ でも、どこでも、誰でも(または共有メンバー)マップを閲覧できるというのはとっても便利だと思います。

【ツリー図作成アプリの動作環境はWindows】
 EasyStepは、前述のとおりとてもすばらしいサービスなのですが、Macユーザーとしてはとても残念なことがあります。それは、Macがサポートされていないと言うことです。現在ツリー図作成アプリの動作環境は下記の通りです。

  • OS : Windwos
  • Java実行環境 : JRE バージョン 1.5.0 以上
  • 通信回線 : ブロードバンド(光やADSLなど)推奨
  • ブラウザ : IE6以上

 Macの「Safari」や「Fierfox」でツリー作図アプリを起動すると下記のえらメッセージが表示されてアプリが起動できません。

Safari_error

 ツリー図作成アプリ以外の、例えば、マップ閲覧などはMacのブラウザからでも操作可能です。(閲覧はiPhoneのSafariからもOKです!)
 しかし、Macから利用する方法はないものかと思い、Safariの開発メニューを使って、ツリー図作成アプリの利用を試してみました。

【Safariの開発メニューでWindows専用サイトを利用する】
 Safariには、Web 開発者が「Safari」や Mac OS X の Web サイトを作成するためのツールがあります。それが「開発」メニューです。
 この開発メニューの中の「ユーザーエージェント」オプションを変更します。「ユーザーエージェント」とは次のような機能です。

Web サーバが Web ブラウザを識別する方法を変更できます。Web サーバが提供しているコンテンツと Web ブラウザが正しいかどうかを調べるために、このオプションを使用して「Safari」以外の Web ブラウザを使用していると Web サーバに「思い込ませる」ことができます。

 設定方法は次の通りです。

1)[Safari]メニュー→[環境設定]をクリックする。

Safari01_2


2)[詳細]アイコンをクリックして、「メニューバーに“開発”メニューを」表示にチェックを付ける

Safari02


3)[開発]メニュー→「ユーザーエージェント」の中のWindows用のブラウザを選択する。

Safari03

 この設定でツリー図作成アプリを起動したところ、ばっちり起動することができました。

【Mac版Safariから EasyStep でマインドマップをかいてみました】
 さっそく、よりMindMapに近いツリー図が作成できる「Synapse(シナプス)」でマインドマップをかいてみました。

Safari001_2

 iMindMapとの比較のために、同じマップをかいてみました。EasyStepでマップをかくのはほぼ初めてなのですが、こんなマップが簡単 にかけてしまいました。非常にわかりやすいインターフェースです。また、動作もとても軽快ですね。ちなみにiMindMap ver.4.0 で作成したマップはこちら↓です。(もうほとんど一緒!)

Easystep_3

[注]
  EasyStepの動作保証環境はあくまでWindows + IE です。当然、Macからの利用は動作保証外です。もしかすると、Windowsとツリー図のレイアウトが微妙に違うとか、アプリが上手く動作しないとか、 最悪の場合はせっかく作ったツリー図が保存できない… なんてこともあるかもしれません。Macでの試用はあくまでも自己責任ですのでご注意下さい。

 

=関連記事=

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

他のマッピングソフトの入力方法 vs『Buzan's iMindMap』の「Speed Mapping モード」

Buzan's iMindMap には、手書きのようにマインドマップが書ける『MindMaping Mode』と、キーボードだけで素早く情報をアウトプットできる『Speed Mapping Mode』の2つのモードが用意されています。

『Speed Mapping』で思考を素早くデジタルデータ化して、そして、『Mind Mapping』でそれを整えるというのが本来の姿だと思いますが、ちょっと視点を変えて、既存のマッピングソフトから乗り換える方の視点で見てみたいと思います。

《乗り換えユーザーは、最初、操作にとまどいを感じる?》
現在使用中の他のマッピングソフトから、『Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション』へ乗り換えを検討しいる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
その乗り換えの際に、私もそうだったのですが、ブランチの作成の仕方で最初はとまどうところがあるのではないかなぁと思います。

マウスで自分の希望する方向、長さ、形に、ブランチを伸ばすことが出来るのが、Buzan's iMindMap の最大の特徴だと思います。

まずはブランチを伸ばす方向を自分で決めてマウスでブランチを書くというお作法は、手書きでマインドマップを書く時には自然にやっている行為そのものですから、普段手書きをしている方は、すぐにマウス操作に慣れることが出来るのではないかと思います(#^.^#)

しかし、普段手書きよりも主にマッピングソフトを使っている方は、iMindMapを実際使ってみると、最初は、今までのキーボート入力ででブランチが作成されて、テキスト入力できる状態になる操作方法(例えば、FreeMind なら、[TAB] で 子ブランチ、[enter] で兄弟ブランチ)との違いに、少々とまどいを感じるのではないかと思います。


《スピード・マッピング・モード》

そこで、今までのように、まずはアイデア(キーワード)をキーボードからドンドン打ち込みたいという方は、『Speed Mapping Mode』 を試してみるのも良いかもしれませんね。このスピードマッピングモード(オートブランチモード)は、ブレーンストーミングなど、とにかく情報出しを素早く行いたい時、会議や会話、授業のノートなど記録する時などのために用意されているモードです。自動でブランチが作成されるのでタイピングに専念することが出来ます。(注:ただし、Mac版では日本語モードONの状態でも「スペース」キーをタイプすると新しいブランチが作成されてラベル入力状態になるのですが、Win版の場合は「Shift」+「スペース」とするか、日本語入力を都度ON/OFFする必要があります。)

このモードだと、比較的、既存のマッピングソフトの操作感に近いですから他ソフトから乗り換える方も入りやすいかもしれません。
とはいえ、兄弟ブランチの作成のされ方も他のマッピングソフトと少々違いますから、正直、全く同じ感覚でというわけにはいかないのですが…。

〈その1〉他のマッピングソフトの場合、兄弟ブランチは上から下に順番に追加されていきますが、iMindMapの『Spee Mapping Mode』 では、下図のようになります。
Photo_2

最初の数字がブランチが作られる順番です。初めてマッピングソフトを使う方にはあまり驚きはないかもしれませんが、他のマッピングソフトから乗り換える方はちょっと、面食らうかもしれません。(ここまで言うとおおげさかな?)
私も、意図した順番にブランチが並んでくれないところで、最初はちょっと使いにくいなぁと感じました。あまり兄弟ブランチを沢山作ると子供捜しで親(?)が迷子になります(;^_^A

〈その2〉それと、ブランチがやたら長いです。これは曲線でブランチを表現する関係でしょうがないとは思うのですが、画面解像度の低いノートパソコンなどだとかなりつらそうです。ちなみに下のマインドマップも、MacBookだと25%縮小画面にしてやっと全体が見渡せる感じです。子供を増やしすぎると目が行き届かなくなるかも…(;^_^A (そんな時はマウスドラッグでマップをスクロールしたり、ナビゲーターを上手く活用しましょう)

正直、私はあまりSpeed Mapping Mode は使っていなかったのですが(爆)、もともと他のマッピングソフトはちょと試用程度でしたし、『Mind Mapping Mode』で作成できるマインドマップに魅力を感じて購入したのですから、まぁ、当然かもしれませんけどね。
でも、好き嫌いせずに『Speed Mapping Mode』も用途に合わせて使い分けていくと新しい発見(「気づき」)がありそうです。

両モードでどのようなマインドマップが作成されるのか比較のために『Macで無線LANアダプタ』をスピードマッピングモードでも書いてみました。
Mac_lan_speedmapping_2

そして、こちらが元となった『Mind Mapping Mode』で作成したマップです。
Mac_lanimindmap

スピードモードで作成した方のブランチは自動で作成されたままの状態です。マインドマッピングモードで作成したマップは、スピードモードで作成したもののほぼ半分以下の幅で収まっています。(MacBookだと50%縮小で全体が見渡せます)

ちなみに、「Mind Mapping Mode」で作成したマップを見ながら、新たに、「Speed Mapping Mode」で、兄弟ブランチがあるところは、上に配置してあるブランチを先に入力するようにして作成していったのですが、長男より次男のブランチの方が上に自動配置されてしまっているところが何カ所かあります。三兄弟の所は,三男、長男、次男の順番に並んでいますね。画像をクリックすると拡大表示されますので、興味のある方は見比べてみてください<(_ _)>


=====
他のマッピングソフトからの乗り換える方の視点で、iMindMap の2つの入力方法を比較してみましたが、本来はこういう比較の仕方をする物ではないですよね。
そもそも、iMindMap自体が他のマッピングソフトとは異次元の物だと思いますから、それを並べてどうこう言う方が無理があると言うことは重々承知していますが、乗り換えを検討している方の何かしら参考になれば嬉しく思います。


【追記】2008/10/02
2008年8月31日にリリースされたiMindMap インターナショナル版 Version3 では、スピードマッピングモードが進化した『スピード・マインドマップ・モード』が搭載されました。この記事で取り上げた兄弟ブランチの並びが分かりにくい問題など含めて、新しく搭載された「オートレイアウト」機能と相まって使い勝手がグーンと良くなっています(#^.^#) 
日本語版のリリースは不明ですが乗り換えユーザも非常に使いやすいものになっていると思います。詳しくはこちらのエントリーをどうぞ

【追記2】2009/1/17
いよいよ2009年2月20日に iMindMap バージョン3 日本語版 for Mac が発売されます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

『MindManager 7 Mac』の日本語入力の不具合

winとMacでDTP 2008年2月14日のエントリーより転載)

MindManager 7 Mac について、Amazonに次のようなカスタムレビュー(by シリコンバレリーナさん)がありました。

08年1月10日現在、日本語入力に問題あります。
例えば、ローマ字仮名変換でアマゾンと入力する為に、アルファベットでa m a z o nと入力をすると、画面表示は「マアゾン(maazon)」となってしまいます。入力1文字目と2文字目が入れ替わってしまう。この場合は最初のaと次のmが入れ替わる。
––中略––
(08年2月4日更新)
先日、バージョン7.0.537がリリースされましたが、改善されてません。
メーカーへ問い合わせをしているが、原因調査中とのこと。
改善されたらレビューを更新します。

MindManager 7 は、Macでも使えるマッピングソフトとして、winとMacでDTPにも記事を書いたばかりじゃないですか!「これは、ちゃんと試してみないでMacで使えると紹介 するのは無責任だぞ…」というわけで、Mac版のMindManager 7 を試用してみました。

使用環境は
・ 2.0GHz MacBook (MA701J/A)
・メモリ 2GB
・Mac OS X 10.4.11
・ことえり / ATOK2006 for Mac

確かに、ローマ字入力で
 ● amazon →「まあぞん」=MAAZON
 ● dounyuu→「おづにゅう」=ODUNYUU
となってしまいます。これは、ことえりもATOK2006も、どちらも同じ結果です。

シリコンバレリーナさんのレビューにもあるように、ゆっくり打てば問題ないのですが、それなりのスピードでタイピングできる方には、使っていてちょっとストレスがたまってきますね。私のローマ字のタイピングスピードでは、発生する確率は五分五分という感じですが…。

ちなみにTESLA(親指シフト)だと、
 ● あまぞん  →「あまぞん」
 ● どうにゅう →「おづにゅう」
 ● やすい   →「あyすい」
 ● ですくとっぷ →「えdすくとっぷ」
 ● じゃすと  →「いjゃすと」
となってしまい、1文字目が母音以外(母音+子音)の文字だとかなりひどいことになってしまいます。私のタイピングスピードでも親指シフトだとほぼ 100%に確率でこんな状態です。こちらもかなりゆ〜っくりタイピングすれば大丈夫ですが、いつも通りにタイピングしたら100%アウトです! これで は、マッピングソフトとしての出来がいくら良くても、使う気にはなれませんね…。

マッピングソフトとしてはシェアナンバーワンのソフトですから、Mac版のリリースを心待ちにしていた方も結構いらっしゃるでしょうに、ちょっとこれはひどいなぁ〜。導入を検討している方はまず体験版での確認してから購入するのが吉だと思います。

注)この記事は2008年2月14日に作成した物です。試用したファイル名は『MM7_FRJA_506.dmg』です。その後、試用期間が切れてしまったので、この問題が改善されているかどうかは『?』です。ちなみに2008年4月13日現在ダウンロードできるファィルも『MM7_FRJA_506.dmg』ですが、改良されているのかどうか…。購入前にまず、試用版で確認されることをお勧めします。(また、使ってみて直ってたよ!と言う方は是非コメントお寄せ下さいませ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

MindManager 7 Mac

MindManager 7 Mac

Mac_lanmindmanager
マッピッングソフトの中で一番使われているソフトだそうです。操作の仕方は、FreeMindなどの他のマッピングソフト(iMindMapは除 く)と同じような感じです。実は、私、この比較記事のために初めて使いました(;^_^A アセアセ… (さらに、マニュアルはブランチの作成の仕方しか見ておりません…)。そんな私でもマップが作成できちゃうのですから良くできたソフトだと思 います。
JUDE/Think同様、FreeMindのブランチ(ノード)をコピー&ペーストをすることが出来ます。

トピックの線や境界線の線や塗りの設定がやや独特な感じ(?)で、使い方が分かるまでちょっと手間取りましたが(だったら、マニュアルを読めと怒られそうですが…)、分かってしまえば、至ってシンプルな操作系だと思います。
このマップも比較しやすいようにiMindMapで使った画像を流用して作成しているのですが、画像小さくて見えませんね…。(どうもオリジナルサイズにすると画像が大きすぎるし、小さくするとやたら小さいし…、中間の大きさに調整する方法ってないの?)

用 意されているアイコンなどを見ると、進捗状況の管理など、やはりビジネスユースなソフトだなという感じが致します。最新のWindows版では、 Microsoftと同じUI(リボン)の採用や、MS-Officeとの連携強化など、ビジネス利用には色々と便利なんだろうなと思います。正直、これ はもうマインドマップではないですよね…。もっとも、開発元のwebサイトには何処にも「マインドマップ」が作成できるなんて書いてない ですけどね(^^;) こういう風に、マインドマップを応用してビジネスで活用するというスタンスはまぁありだとは思います。

さて、要注意な所は、この記事を書くためダウンロードした時点(2008/2/14)でリリースされていたバージョンでは、日本語入力に不具合がありました。(詳しくは、記事『MindManager 7 Mac』の日本語入力の不具合 をお読み下さい。)正直、この不具合が改善しないと、私はこのソフトは他人にはお勧めできないかな…。ご購入前に、まずは、試用版をダウンロードして確かめてることをお勧めします。

(ちなみにファイルを開くだけならば『Mindjet MindManager Viewer 7』が無料でダウンロードして利用することが出来ます。)

=====
Mac版他ソフト『FreeMind』
Mac版他ソフト『NovaMind』
Mac版他ソフト『JUDE/Think』
Mac版他ソフト『mindmeister』
Mac版他ソフト『MindManager 7 Mac』

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

mindmeister

mindmeister

Mac_lanmindmeister
ブ ラウザ上で動作するマッピングソフト(というかサービスかな?)ですので、インターネット回線さえあればどこでもマインドマップを作成することが出来ま す。BASICは無料で利用できます。有料のTEAMでは、複数のメンバーが同じマップを同時に編集出来る機能も提供されています。また『Google Gears』をインストールすることでオフラインでもマインドマップの編集可能になります。

特に、FreeMind や、Mindjet MindManager 6で作成したマインドマップをインポートして、閲覧・編集・プリントアウトをすること出来るので、これらのソフトのユーザーの方は出先でもマインドマップ を活用できてかなり便利だろうなと思います。(MindManagerなんて普通はパソコンに入ってないですからねぇ。)

というわけで、FreeMindで作成したマインドマップをインポートしてみました! ブランチの構造だけでなくアイコンもちゃんとインポートされています。矢印機能はないので当然ながらインポートされないですね(;^_^A 
BOI (Basic Ordering Idea)のブランチの配置位置はNovaMindなみに自由に動かせますので、インポートした状態からちょっとレイアウト調整してみました。(ただし、 mindmeister で自由に調整できるのはBOIのブランチだけですね…)。

premiumメンバー(1年間 $49.90 / €38.50)になれば、作成したマインドマップを、FreeMindや、Mindjet MindManager 6 形式にエクスポートすることも可能です。FreeMindやMindjet MindManagerのユーザーの方は検討の価値ありですね。

MindManager 7 Mac で作成したマップもインポートしてみましたが、矢印と境界線以外、ブランチの構造やアイコンもしっかりインポートされました。

=====
Mac版他ソフト『FreeMind』
Mac版他ソフト『NovaMind』 
Mac版他ソフト『JUDE/Think』
Mac版他ソフト『mindmeister』
Mac版他ソフト『MindManager 7 Mac』 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

JUDE/Think

JUDE/Think!  

Mac_lanjude_think_2

Windows版とMac版の両方のバージョンがあります。またWindows、MacOSX 以外の環境で利用したい人向けに、ZIP版も公開されています。(ただし、こちらは動作保証対象外)

このマップも比較しやすいように画像はiMindMapで使った画像を流用して作成しました。基本操作はFreeMindに似たような感じですが、画像ファイルをドラッグ&ドロップで簡単挿入出来ます。

た だ、兄弟ブランチの間隔を調整出来ない(右または左にしか調整できない)のが残念なところです。ブランチ(このソフトでは「トピック」と呼んでいます) は、FreeMindのブランチ(ノード)をコピー&ペーストをすることが出来ます。と、言うわけで、FreeMindからコピペして、あっという間にマ インドマップが出来上がってしまいしまた。様々なアイコンが用意されています。

3,150円とは思えない、大変コストパフォーマンスにすぐれたソフトだと思います。

=====
Mac版他ソフト『FreeMind』
Mac版他ソフト『NovaMind』 
Mac版他ソフト『JUDE/Think』
Mac版他ソフト『mindmeister』
Mac版他ソフト『MindManager 7 Mac』 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|